2010年8月29日

LVM - VGからPVを削除

物理ハードディスクを交換などするために、VG(ボリュームグループ)からPV(物理ボリューム)を削除する手順例を示す。


確認環境

  • RHEL 5.4 on VMware Server 2

状況確認

[root@localhost ~]# vgdisplay -v VG0001
...
--- Physical volumes ---
PV Name               /dev/sdb1
PV UUID               EhMTvI-k3fq-eoRV-Hwkd-iA7G-p3Lk-QjSOsC
PV Status             allocatable
Total PE / Free PE    999 / 986
PV Name               /dev/sdb2
PV UUID               zbmif7-hWP2-2VA2-sFNp-vbSw-O7Ce-rMErmL
PV Status             allocatable
Total PE / Free PE    999 / 999

/dev/sdb1を削除したいが、PEの割り当てが行われてしまっている。

PEの割り当て移動

[root@localhost ~]# pvmove /dev/sdb1
/dev/sdb1: Moved: 100.0%
[root@localhost ~]#
[root@localhost ~]# vgdisplay -v VG0001
...
--- Physical volumes ---
PV Name               /dev/sdb1
PV UUID               EhMTvI-k3fq-eoRV-Hwkd-iA7G-p3Lk-QjSOsC
PV Status             allocatable
Total PE / Free PE    999 / 999
PV Name               /dev/sdb2
PV UUID               zbmif7-hWP2-2VA2-sFNp-vbSw-O7Ce-rMErmL
PV Status             allocatable
Total PE / Free PE    999 / 986

/dev/sdb1のPEの割り当てが、すべて/dev/sdb2に移動した

PEのVGからの削除

[root@localhost ~]# vgreduce VG0001 /dev/sdb1
Removed "/dev/sdb1" from volume group "VG0001"
[root@localhost ~]# vgdisplay -v VG0001
...
--- Physical volumes ---
PV Name               /dev/sdb2
PV UUID               zbmif7-hWP2-2VA2-sFNp-vbSw-O7Ce-rMErmL
PV Status             allocatable
Total PE / Free PE    999 / 986
[root@localhost ~]#

例は偶々同じディスクの別のパーティションだが、違うディスクならこれで交換可能になる

LVM 上のファイルシステム(ext3)の作成

LVMを使い、ファイルシステムを作成、マウントするまでの一連の手順例を示す。


確認環境

  • RHEL 5.4 on VMware Server 2

パーティションを2つ用意する

[root@localhost ~]# parted /dev/sdb
GNU Parted 1.8.1
/dev/sdb を使用
GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには 'help' と入力してください。
(parted) unit s
(parted) p
モデル: VMware, VMware Virtual S (scsi)
ディスク /dev/sdb: 16777215s
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: gpt
番号  開始  終了  サイズ  ファイルシステム  名前  フラグ
(parted) mkpart PV0001 34 8192033
(parted) mkpart PV0002 8192034 16384033
(parted) p
モデル: VMware, VMware Virtual S (scsi)
ディスク /dev/sdb: 16777215s
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: gpt
番号  開始      終了       サイズ    ファイルシステム  名前    フラグ
1    34s       8192033s   8192000s                    PV0001
2    8192034s  16384033s  8192000s                    PV0002
(parted) set 1 lvm on
(parted) set 2 lvm on
(parted) p
モデル: VMware, VMware Virtual S (scsi)
ディスク /dev/sdb: 16777215s
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: gpt
番号  開始      終了       サイズ    ファイルシステム  名前    フラグ
1    34s       8192033s   8192000s                    PV0001  lvm
2    8192034s  16384033s  8192000s                    PV0002  lvm
(parted) q
通知: 必要であれば /etc/fstab を更新するのを忘れないようにしてください。
[root@localhost ~]#

PV(物理ボリューム)を作成する

 [root@localhost ~]# pvcreate /dev/sdb1
   Physical volume "/dev/sdb1" successfully created
[root@localhost ~]# pvcreate /dev/sdb2
   Physical volume "/dev/sdb2" successfully created
[root@localhost ~]#

-VG(ボリュームグループ)を作成する

 [root@localhost ~]# vgcreate VG0001 /dev/sdb1 /dev/sdb2
   Volume group "VG0001" successfully created
[root@localhost ~]# vgdisplay -v VG0001
     Using volume group(s) on command line
     Finding volume group "VG0001"
   --- Volume group ---
   VG Name               VG0001
   System ID
   Format                lvm2
   Metadata Areas        2
   Metadata Sequence No  1
   VG Access             read/write
   VG Status             resizable
   MAX LV                0
   Cur LV                0
   Open LV               0
   Max PV                0
   Cur PV                2
   Act PV                2
   VG Size               7.80 GB
   PE Size               4.00 MB
   Total PE              1998
   Alloc PE / Size       0 / 0
   Free  PE / Size       1998 / 7.80 GB
   VG UUID               df1tDl-kc4W-HJ59-ceKG-gT53-tTQE-TnIitZ
   --- Physical volumes ---
   PV Name               /dev/sdb1
   PV UUID               2unt61-yw10-r4w0-3lrK-QWkB-NOME-qUAA3k
   PV Status             allocatable
   Total PE / Free PE    999 / 999
   PV Name               /dev/sdb2
   PV UUID               ZgRKbB-cLU0-1CfP-Ltls-yzoW-DDWZ-L06KWv
   PV Status             allocatable
   Total PE / Free PE    999 / 999
[root@localhost ~]#

LV(論理ボリューム)を作成する

 [root@localhost ~]# lvcreate -L 50M -n LV0001 VG0001
   Rounding up size to full physical extent 52.00 MB
   Logical volume "LV0001" created
[root@localhost ~]# vgdisplay -v VG0001
     Using volume group(s) on command line
     Finding volume group "VG0001"
   --- Volume group ---
   VG Name               VG0001
   System ID
   Format                lvm2
   Metadata Areas        2
   Metadata Sequence No  2
   VG Access             read/write
   VG Status             resizable
   MAX LV                0
   Cur LV                1
   Open LV               0
   Max PV                0
   Cur PV                2
   Act PV                2
   VG Size               7.80 GB
   PE Size               4.00 MB
   Total PE              1998
   Alloc PE / Size       13 / 52.00 MB
   Free  PE / Size       1985 / 7.75 GB
   VG UUID               df1tDl-kc4W-HJ59-ceKG-gT53-tTQE-TnIitZ
   --- Logical volume ---
   LV Name                /dev/VG0001/LV0001
   VG Name                VG0001
   LV UUID                j5nadW-oI19-qRZl-FqY4-CbxW-nx3q-ZWIpVz
   LV Write Access        read/write
   LV Status              available
   # open                 0
   LV Size                52.00 MB
   Current LE             13
   Segments               1
   Allocation             inherit
   Read ahead sectors     auto
   - currently set to     256
   Block device           253:0
   --- Physical volumes ---
   PV Name               /dev/sdb1
   PV UUID               2unt61-yw10-r4w0-3lrK-QWkB-NOME-qUAA3k
   PV Status             allocatable
   Total PE / Free PE    999 / 986
   PV Name               /dev/sdb2
   PV UUID               ZgRKbB-cLU0-1CfP-Ltls-yzoW-DDWZ-L06KWv
   PV Status             allocatable
   Total PE / Free PE    999 / 999
[root@localhost ~]#

ファイルシステム(ext3)を作成する

 [root@localhost ~]# mke2fs -j /dev/VG0001/LV0001
mke2fs 1.39 (29-May-2006)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=1024 (log=0)
Fragment size=1024 (log=0)
13328 inodes, 53248 blocks
2662 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=1
Maximum filesystem blocks=54525952
7 block groups
8192 blocks per group, 8192 fragments per group
1904 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
         8193, 24577, 40961
Writing inode tables: done
Creating journal (4096 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done
This filesystem will be automatically checked every 30 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.
[root@localhost ~]#

マウントする

 [root@localhost ~]# mount /dev/VG0001/LV0001 /mnt
[root@localhost ~]# df
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/sda2             10154020   3557088   6072812  37% /
/dev/sda1               256666     37292    206122  16% /boot
tmpfs                    62192         0     62192   0% /dev/shm
/dev/mapper/VG0001-LV0001
                          51559      4956     43941  11% /mnt
[root@localhost ~]# ls /mnt
lost+found
[root@localhost ~]#

LVM - VGにPVを追加

VG(ボリュームグループ)のサイズを増量するために、PV(物理ボリューム)を追加する手順例を示す。


確認環境

  • RHEL 5.4 on VMware Server 2

状況確認

[root@localhost ~]# vgdisplay -v VG0001
...
--- Physical volumes ---
PV Name               /dev/sdb2
PV UUID               zbmif7-hWP2-2VA2-sFNp-vbSw-O7Ce-rMErmL
PV Status             allocatable
Total PE / Free PE    999 / 986
[root@localhost ~]#

/dev/sdb2だけが登録されている

PV追加

[root@localhost ~]# pvcreate /dev/sdb1
Physical volume "/dev/sdb1" successfully created
[root@localhost ~]# vgextend VG0001 /dev/sdb1
Volume group "VG0001" successfully extended
[root@localhost ~]# vgdisplay -v VG0001
...
--- Physical volumes ---
PV Name               /dev/sdb2
PV UUID               zbmif7-hWP2-2VA2-sFNp-vbSw-O7Ce-rMErmL
PV Status             allocatable
Total PE / Free PE    999 / 986
PV Name               /dev/sdb1
PV UUID               EhMTvI-k3fq-eoRV-Hwkd-iA7G-p3Lk-QjSOsC
PV Status             allocatable
Total PE / Free PE    999 / 999

/dev/sdb1が追加された

portreserveを調べてみる

portreserveを用いたTCPポートの確保原理を示す。

動作原理について

以下の順序で動作。
  • portreserveが/etc/portreserveディレクトリ下で指定されたポートを確保
  • 例えば、CUPSサービスが、開始する
  • CUPSサービスが、portreserveが確保していたポートの解放を依頼
  • CUPSサービスが、portreserveが開放したポートを確保しにいく

起動順序について

起動スクリプト名は、S11portreserve。通常は、ネットワーク起動の後、Syslog起動前に起動される。
# ls /etc/rc*.d/rc*.d/*portreserve
/etc/rc0.d/K89portreserve /etc/rc4.d/S11portreserve /etc/rc1.d/K89portreserve
/etc/rc5.d/S11portreserve /etc/rc2.d/S11portreserve /etc/rc6.d/K89portreserve
/etc/rc3.d/S11portreserve
定義方法

/etc/portmapディレクトリ下にファイルを作成し、そのファイルに/etc/serviceで逆引き可能なサービス名を各行に書く。
# cat /etc/portreserve/cups
ipp
解除方法

以下
# portrelease cups
実際、CUPSの起動スクリプトには以下行がある。
# grep portrelease /etc/init.d/cups     [ -x /sbin/portrelease ] && /sbin/portrelease cups ....

以上


MBRをダンプしてみる

ハードディスクのMBR(マスターブートレコード)の設定状況を直接確認する方法を示す。



UNIX系ではHDDも所詮ファイル扱いなので、以下で可能。
[root@localhost ~]# hexdump -C -n 512 /dev/sda
00000000  eb 48 90 10 8e d0 bc 00  b0 b8 00 00 8e d8 8e c0  |.H..............|
00000010  fb be 00 7c bf 00 06 b9  00 02 f3 a4 ea 21 06 00  |...|.........!..|
00000020  00 be be 07 38 04 75 0b  83 c6 10 81 fe fe 07 75  |....8.u........u|
00000030  f3 eb 16 b4 02 b0 01 bb  00 7c b2 80 8a 74 03 02  |.........|...t..|
00000040  81 00 00 80 41 b4 00 00  00 08 fa 90 90 f6 c2 80  |....A...........|
00000050  75 02 b2 80 ea 59 7c 00  00 31 c0 8e d8 8e d0 bc  |u....Y|..1......|
00000060  00 20 fb a0 40 7c 3c ff  74 02 88 c2 52 be 7f 7d  |. ..@|<.t...R..}|
00000070  e8 34 01 f6 c2 80 74 54  b4 41 bb aa 55 cd 13 5a  |.4....tT.A..U..Z|
00000080  52 72 49 81 fb 55 aa 75  43 a0 41 7c 84 c0 75 05  |RrI..U.uC.A|..u.|
00000090  83 e1 01 74 37 66 8b 4c  10 be 05 7c c6 44 ff 01  |...t7f.L...|.D..|
000000a0  66 8b 1e 44 7c c7 04 10  00 c7 44 02 01 00 66 89  |f..D|.....D...f.|
000000b0  5c 08 c7 44 06 00 70 66  31 c0 89 44 04 66 89 44  |\..D..pf1..D.f.D|
000000c0  0c b4 42 cd 13 72 05 bb  00 70 eb 7d b4 08 cd 13  |..B..r...p.}....|
000000d0  73 0a f6 c2 80 0f 84 ea  00 e9 8d 00 be 05 7c c6  |s.............|.|
000000e0  44 ff 00 66 31 c0 88 f0  40 66 89 44 04 31 d2 88  |D..f1...@f.D.1..|
000000f0  ca c1 e2 02 88 e8 88 f4  40 89 44 08 31 c0 88 d0  |........@.D.1...|
00000100  c0 e8 02 66 89 04 66 a1  44 7c 66 31 d2 66 f7 34  |...f..f.D|f1.f.4|
00000110  88 54 0a 66 31 d2 66 f7  74 04 88 54 0b 89 44 0c  |.T.f1.f.t..T..D.|
00000120  3b 44 08 7d 3c 8a 54 0d  c0 e2 06 8a 4c 0a fe c1  |;D.}<.T.....L...|
00000130  08 d1 8a 6c 0c 5a 8a 74  0b bb 00 70 8e c3 31 db  |...l.Z.t...p..1.|
00000140  b8 01 02 cd 13 72 2a 8c  c3 8e 06 48 7c 60 1e b9  |.....r*....H|`..|
00000150  00 01 8e db 31 f6 31 ff  fc f3 a5 1f 61 ff 26 42  |....1.1.....a.&B|
00000160  7c be 85 7d e8 40 00 eb  0e be 8a 7d e8 38 00 eb  ||..}.@.....}.8..|
00000170  06 be 94 7d e8 30 00 be  99 7d e8 2a 00 eb fe 47  |...}.0...}.*...G|
00000180  52 55 42 20 00 47 65 6f  6d 00 48 61 72 64 20 44  |RUB .Geom.Hard D|
00000190  69 73 6b 00 52 65 61 64  00 20 45 72 72 6f 72 00  |isk.Read. Error.|
000001a0  bb 01 00 b4 0e cd 10 ac  3c 00 75 f4 c3 00 00 00  |........<.u.....|
000001b0  00 00 00 00 00 00 00 00  9b ef 0e 00 00 00 80 01  |................|
000001c0  01 00 83 fe 3f 20 3f 00  00 00 a2 16 08 00 00 00  |....? ?.........|
000001d0  01 21 83 fe ff ff e1 16  08 00 d9 e5 3f 01 00 fe  |.!..........?...|
000001e0  ff ff 82 fe ff ff ba fc  47 01 c5 fa 3f 00 00 fe  |........G...?...|
000001f0  ff ff 0f fe ff ff 00 00  88 01 00 00 b8 00 55 aa  |..............U.|
00000200
[root@localhost ~]#

sshでのrootリモートログインを禁止する

Debianの場合

/etc/ssh/sshd_configを編集し、以下の行を設定

 

PermitRootLogin no

カーネルデバッグインフォの設定方法 - RHEL

カーネルデバッグ環境の追加設定方法。

※下記に示したのは特定バージョンでの例。
STEP1. カーネルバージョンの確認


[root@localhost ~]# uname -a
Linux localhost.localdomain 2.6.18-164.2.1.el5PAE #1 SMP Mon Sep 21 04:45:05 EDT
  2009 i686 i686 i386 GNU/Linux

STEP2. デバッグインフォ(debuginfo)の入手


[root@localhost ~]# wget http://ftp.redhat.com/pub/redhat/linux/enterprise/5Serv
er/en/os/i686/Debuginfo/kernel-PAE-debuginfo-2.6.18-164.2.1.el5.i686.rpm
...
[root@localhost ~]# wget http://ftp.redhat.com/pub/redhat/linux/enterprise/5Serv
er/en/os/i686/Debuginfo/kernel-debuginfo-common-2.6.18-164.2.1.el5.i686.rpm
...

STEP3. 既存のデバッグインフォパッケージの確認と削除


[root@localhost ~]# rpm -qa | grep debug
kernel-PAE-debuginfo-2.6.18-128.el5
kernel-debuginfo-common-2.6.18-128.el5
[root@localhost ~]# rpm -e kernel-PAE-debuginfo-2.6.18-128.el5
[root@localhost ~]# rpm -e kernel-debuginfo-common-2.6.18-128.el5
[root@localhost ~]# rpm -qa | grep debug
[root@localhost ~]#

STEP4. デバッグインフォのインストール


[root@localhost ~]# rpm -ivh kernel-debuginfo-common-2.6.18-164.2.1.el5.i686.rpm
...
[root@localhost ~]# rpm -ivh kernel-PAE-debuginfo-2.6.18-164.2.1.el5.i686.rpm
...

STEP5. 確認(crash>プロンプトが出ればOK)


[root@localhost ~]# crash
...
crash>

ブリッジインターフェイスの作成 - CnetOS/RHEL

KVM環境の構築にあたり、ホストOS(ハイパーバイザーOS)にブリッジインターフェイスの作成をおこなう。

STEP1.ブリッジインターフェイスの定義作成


STEP2.で追加設定する物理アドレスと同じIPアドレスを設定。

[root@localhost ~]# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br0
DEVICE=br0
TYPE=Bridge
BOOTPROTO=static
IPADDR=10.xxx.yyy.zzz
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=10.xxx.yyy.0
ONBOOT=yes
DELAY=0
[root@localhost ~]#

STEP2. 物理インターフェイスへの定義追加


下記例の最後の行の"BRIDGE=br0"を追加

[root@localhost ~]# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
# Broadcom Corporation NetXtreme BCM5715 Gigabit Ethernet
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
BROADCAST=10.xxx.yyy.255
HWADDR=aa:bb:cc:dd:ee:ff
IPADDR=10.xxx.yyy.zzz
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=10.xxx.yyy.0
ONBOOT=yes
BRIDGE=br0
[root@localhost ~]#

STEP3. iptablesの定義変更(iptablesを有効にしている場合)

# iptables -I FORWARD -m physdev --physdev-is-bridged -j ACCEPT
[root@localhost ~]# service iptables restart
ファイアウォールルールを適用中:                            [  OK  ]
チェインポリシーを ACCEPT に設定中nat filter               [  OK  ]
iptables モジュールを取り外し中                            [  OK  ]
#

STEP4. ネットワークの再起動

[root@localhost ~]# service network restart
インターフェース br0 を終了中:                             [  OK  ]
インターフェース eth0 を終了中:                            [  OK  ]
ループバックインターフェースを終了中                       [  OK  ]
IPv4 パケット転送を無効化中:  net.ipv4.ip_forward = 0
                                                           [  OK  ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中                   [  OK  ]
インターフェース eth0 を活性化中:                          [  OK  ]
インターフェース br0 を活性化中:                           [  OK  ]
[root@localhost ~]#


以上で終了。


<確認環境>

  • RHEL 5.5
  • bridge-utils-1.1-2 を追加インストール

Flash Playerをインストール - ubuntu + Firefox

Flash Playerは、Adobeから直接ダウンロードしてくる必要がある。OSSではないので、Ubuntuに入ることはない。

http://www.adobe.com/jp/products/flashplayer/ を開き、GET FLASHPLAYERのアイコンをクリック。

Ubuntuで無線LAN

Linuxの無線LAN設定はハードルが高いと思っていたが、手持ちの環境(FMV-B8230)では追加設定・インストール一切無しに無線LANがつながってしまった。
画面上部の携帯の電波レベルのようなアイコンがあったので、クリックすると周辺に無線LANのアクセスポイントが出てくる。適当に選択し、WEPキー入力の画面に答えると、その場で繋がってしまった。

��確認環境>


  • FMV-B8230 無線LANオプション付
  • 搭載チップは、"AR242x 802.11abg Wireless PCI Express Adapter" (lspciから確認)
  • ドライバは、"atk5k"を使用。(lsmodから確認)

USBメモリからLinuxを起動

仕事ではWindowsマシンとして使っているノートPCを、オフではLinuxマシンとして使えるように挑戦してみた。

前提

  • 仕事環境は、内蔵のHDD。このHDDには絶対に変更を加えない。
  • オフ環境は、USBメモリ(8GB)

手順


STEP1. BIOS設定

USBメモリからブートが出来るようPCのBIOS設定を行う。設定はPC毎のマニュアルを参照のこと。 起動順序を、CD → USB → HDDの順にしておくと良いだろう。

STEP2. UbuntuのインストールCDからブートする

説明割愛。インストールCDの準備方法や一般的なインストール方法は、ここを参照。

STEP3. USBメモリをインストール先に指定&ブートローダもUSBメモリへ

「ディスクの準備」の画面で、USBを選択(SD/MMC USB・・・となってたハズ)。 ブートローダのインストール先もUSBを選択。
(重要)ブートローダのインストールは、デフォルトは内蔵HDDとなってしまうので、間違うと内蔵HDDを壊してしまう。
あとはインストール完了を待つ。なお、去年からのVMWare上のUbuntu環境は本日でおしまい。

確認環境

  • FMV-B8230
  • Ubuntu 9.04 Desktop 日本語 Remix
  • USBメモリ(BUFFALO社 BSCRMSDU2シリーズ + KINGMAX 8GB microSDHC)

備考

同じ方法をCentOS(Red Hat Enterprise Linux)で試そうとしたところ、ブートローダのインストール先にUSBメモリを選択できなかった。

以上

ラベル

Android Android-x86 apache Backup Blog CentOS DDNS Debian DIY DTM Eclipse Excel Fedora Firefox Google Chrome Hyper-V java Kreetingkard KVM Linux Linux Mint Linuxコマンド例 Linuxシステム管理 Linux管理 Minecraft Minecraft: Wii U Edition Nintendo 3DS nmap O'REILLY Office KB openssl OpenStack openSUSE openSUSE 12 Parted Magic patch(1) PC DIY PC自作 pgrep(1) PHP Picasa pmap(1) PMMP Postfix postgresql printer ps(1) pukiwiki QEMU RHEL rhel5 rhel6 samba sar(1) savscan(1) savupdate(1) Scientific Linux 6 security SELinux SEO showrgb(1) Slackware Linux smbclient(1) smbstatus(1) snmpd(8) squid startx(1) stat(1) strace(1) syslogd(8) tac(1) tee(1) testdisk Thunderbird timezone tomcat touch(1) tr(1) trouble shooting tuning ubuntu uname(1) USB tethering USBブート USBメモリ vi(1) vim(1) virtualbox VMWare VMWare Player vmware server VMware Tools VNC Web Services Wii U Windows wordpress x window XAMPP イベント・祭り インターネット おもちゃ屋 カツカレー ギフト クリーニング店 ゲーム ゴミ コンビニ サンプルコード スプラトゥーン2 スポーツ スポット スマホ ソースコード その他 ダーツ ツールTIPS つぶやき ディスク設定 デジタルDIY デジタルガジェット デスクトップ設定 ドラッグストア トラブル トラブルシューティング ニュース ネットワーク設定 バス観光 バックアップ・リストア ビリヤード ブログパーツ プログラミング ブログ作成 ペット用品店 ホームセンター マンションギャラリー メダリーフ リモートアクセス設定 リラクゼーション レジストリ 為替 映画館 英語勉強メモ 横浜市 横浜市交通局 横浜矢向周辺 横濱たちばな亭 屋台 屋内プレイランド 屋内遊園地 温泉 花火 画像 海水浴場 外食 街猫 学校 楽天ウェブサービス 鎌倉 交通 公園 公共施設 国内x86サーバ 災害 雑貨店 参考文献 散髪 使い方 子供教室 死因 寺社 車関連 習い事 住居メンテナンス 出前 情報 食料品店 尻手駅前 新横浜 新横浜駅 新規出店情報 新築 新鶴見公園 新鶴見人道橋 神社 辛スナック 水族館 川崎 川崎駅 川崎市南部市場 川崎大師 卓球 段葛 中古屋 中山ビル 釣り施設 鶴岡八幡宮 鶴見 鶴見神社 電気店 電車 統計 動物園 南武線 日枝神社 買い物 買物 博物館等 八景島シーパラダイス 美容・サロン 百貨店 病院 風呂 複合商業施設 保育園 本屋 漫画 漫画喫茶 矢向 遊園地