2011年12月30日

Linux MInt 12 - USBブート化

仮想環境で試していたLinux Mint12だが、調子が良いので物理環境で使って見ることにした。

但し、既存のWindows環境は壊せないので、USBブート環境にしてみた。

また、同じ理由で、USBブート環境の構築には、仮想環境を用いた。

以下、USBブート環境の構築手順を記す。

FMV-R8250で動作するLinux Mint 12(USBブート環境)

2011年12月17日

Linux Mint 12 - Google日本語入力(mozc)をインストールする

以下の記事を参考に、Google日本語入力をインストールしてみた。ご紹介まで。
「言語サポート」でibusを選んだ所

「ibusの設定」でmozcをデフォルトに設定した所

以上


Linux/KVMの導入事例

富士通さんのホームページに、KVM(Kernel-based Virtual Machine)の導入事例が載っていたので紹介してみる。

各店舗に置いてあるサーバーにKVMを使用しているらしい。

こんなところに使われているんだねぇ。ふぅ~ん。

富士通さんの事例紹介ページ(クリックすると移動)

2011年12月5日

Linux Mint 12 - Google Chromeをインストールする

Linux MintにGoogle Chromeをインストールしてみたので手順を記す。

確認環境
  • 32ビット版Linux Mint 12
確認手順

32ビット .debを選択




ダウンロードディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行

# sudo apt-get install libnss3-1d libcurl3
...
# sudo dpkg -i google-chrome-stable_current_i386.deb

以上


Linux Mint 12 - VMware Toolsのインストール

Linux Mint 12にVMware Toolsを入れてみた。

今のところ上手く動いているようだ。

以下に確認時のログを示す。

2011年12月4日

Linux Mint 12をインストールする on VMware Player 4.X

Linux Mint 12をVMware Player 4.0.1上にインストールしてみたので、その際の手順を記す。

Linux Mint 12 ライブ版の起動画面

2011年12月1日

apache - WWWサーバのBASIC認証設定(CentOS6)

BASIC認証のテスト設定をおこなったので記す。

確認環境
  • CentOS6.0

CentOS6 - ディレクトリのテープバックアップ

ディレクトリ(/var/www/htmlなど)のテープバックアップシェルを書いてみたので記す。

確認環境
  • CentOS 6.0
  • DAT72ドライブ
バックアップの考え方

以下の考え方で設計
  1. 日次でディレクトリの追加フルバックアップを実施
  2. 週次でテープ巻き戻し(前の週は削除)
シェルの内容

日次シェル

# cat /root/sh/daily.www.backup
#!/bin/sh
TAPE=/dev/nst0
DIR=/var/www/html/*

tar cvf $TAPE $DIR
mt -f $TAPE status

週次シェル

# cat /root/sh/weekly.www.backup
#!/bin/sh
TAPE=/dev/nst0
DIR=/var/www/html/*

mt -f $TAPE rewind
mt -f $TAPE status

シェルの設定

# ln -s /root/sh/daily.www.backup /etc/cron.daily/daily.www.backup
# ln -s /root/sh/weekly.www.backup /etc/cron.weekly/weekly.www.backup

欠点

  1. 余り無いとは思うが、週最初のバックアップに失敗すると、バックアップデータがテープに何も残っていない可能性がありうる。週最初のバックアップ中にディスク故障が発生すると2重障害になり、完全データロストになる。→テープ2本運用にすれば回避可能
  2. バックアップ後に更新されたデータは基本ロスト対象。最悪1日前にデータが戻る。

以上

2011年11月30日

CentOS6 - VMware Toolsのインストール

CentOS6.0にVMware Toolsをインストールしたので記す。

環境条件
  • CentOS 6.0 (64ビット版)
  • VMware Tools 8.8.1
確認手順(というかログ)

※手順はVMware Toolsマウント以降

# cp /media/VMware\ Tools/VMwareTools-8.8.1-528969.tar.gz .
# tar zxvf VMwareTools-8.8.1-528969.tar.gz 
...
# cd vmware-tools-distrib/
# ./vmware-install.pl 
Creating a new VMware Tools installer database using the tar4 format.

Installing VMware Tools.

In which directory do you want to install the binary files? 
[/usr/bin] 

What is the directory that contains the init directories (rc0.d/ to rc6.d/)? 
[/etc/rc.d] 

What is the directory that contains the init scripts? 
[/etc/rc.d/init.d] 

In which directory do you want to install the daemon files? 
[/usr/sbin] 

In which directory do you want to install the library files? 
[/usr/lib/vmware-tools] 

The path "/usr/lib/vmware-tools" does not exist currently. This program is 
going to create it, including needed parent directories. Is this what you want?
[yes] 

In which directory do you want to install the documentation files? 
[/usr/share/doc/vmware-tools] 

The path "/usr/share/doc/vmware-tools" does not exist currently. This program 
is going to create it, including needed parent directories. Is this what you 
want? [yes] 

Before running VMware Tools for the first time, you need to configure it by 
invoking the following command: "/usr/bin/vmware-config-tools.pl". Do you want 
this program to invoke the command for you now? [yes] 

Initializing...


Making sure services for VMware Tools are stopped.



[EXPERIMENTAL] The VMware FileSystem Sync Driver (vmsync) is a new feature that
creates backups of virtual machines. Please refer to the VMware Knowledge Base 
for more details on this capability. Do you wish to enable this feature? 
[no] 

Found a compatible pre-built module for vmci.  Installing it...


Found a compatible pre-built module for vsock.  Installing it...


The module vmxnet3 has already been installed on this system by another 
installer or package and will not be modified by this installer.  Use the flag 
--clobber-kernel-modules=vmxnet3 to override.

The module pvscsi has already been installed on this system by another 
installer or package and will not be modified by this installer.  Use the flag 
--clobber-kernel-modules=pvscsi to override.

The module vmmemctl has already been installed on this system by another 
installer or package and will not be modified by this installer.  Use the flag 
--clobber-kernel-modules=vmmemctl to override.

The VMware Host-Guest Filesystem allows for shared folders between the host OS 
and the guest OS in a Fusion or Workstation virtual environment.  Do you wish 
to enable this feature? [yes] 

Found a compatible pre-built module for vmhgfs.  Installing it...


Found a compatible pre-built module for vmxnet.  Installing it...


!!! [EXPERIMENTAL] !!!
VMware automatic kernel modules enables automatic building and installation of
VMware kernel modules at boot they are not already present.  By selecting yes,
you will be enabling this experimental feature.  You can always disable this
feature by re-running vmware-config-tools.pl.

Would you like to enable VMware automatic kernel modules?
[no] 


Disabling timer-based audio scheduling in pulseaudio.



Detected X server version 1.7.7

HAL デーモンを停止中:                                      [  OK  ]
HAL デーモンを起動中:                                      [  OK  ]

X is running fine with the new config file.

Creating a new initrd boot image for the kernel.
vmware-tools start/running
The configuration of VMware Tools 8.8.1 build-528969 for Linux for this running
kernel completed successfully.

You must restart your X session before any mouse or graphics changes take 
effect.

You can now run VMware Tools by invoking "/usr/bin/vmware-toolbox-cmd" from the
command line or by invoking "/usr/bin/vmware-toolbox" from the command line 
during an X server session.

To enable advanced X features (e.g., guest resolution fit, drag and drop, and 
file and text copy/paste), you will need to do one (or more) of the following:
1. Manually start /usr/bin/vmware-user
2. Log out and log back into your desktop session; and,
3. Restart your X session.

Enjoy,

--the VMware team

Found VMware Tools CDROM mounted at /media/VMware Tools. Ejecting device 
/dev/sr0 ...
#

以上

CentOS6 - Google Chromeインストール

CentOS6にGoogle Chromeをインストールしてみたのでその手順を記す。

確認環境
  • CentOS6.0 on VMware Player 4.0.1
  • Google Chrome 15.0.874.121
確認手順

ダウンロードサイトのダウンロードをクリック


64ビットrpmパッケージ版を選択


パッケージマネージャで開くを選択


パッケージマネージャからダイアログが出てくるので[インストール]をクリック


無事インストールが完了すると、Google Chromeがメニューに現れる


デフォルトの検索エンジンを選択


Google Chromeを既定のブラウザにするを選択


無事起動


アイコンがGoogle Chromeに変わっている


(2012.1.14追記)

さて、64ビット版のGoogle Chromeには、Flash Playerが入っていない。

入れるには、以下の記事達をご紹介。
以上


2011年11月29日

Android - LinuxとUSBデザリング

日本通信のIDEOSにUSBデザリング機能が付いている。

手近のLinuxから使えるかどうか試してみた結果を示す。

確認方法

各OSインストール初期状態のままで、IDEOSのUSBデザリング機能をそのまま認識するかどうかを確認。

確認結果

OSOK/NGDevice Name
Linux Mint 12OK-
CentOS6(6.0)OK-
CentOS5(5.5)NG-
Fedora 16OK-
Ubuntu 11.04OKusb0

2011年11月26日

Ubuntuシェア減止まらずLinux Mintが人気?

  DistroWatchの人気ディストリビューション(ページビュー)では、過去1年の一位がLinux Mint、二位がUbuntuになっている。


上の表を見てもわかるが、その差は開く一方で、態々それをグラフ(下記)にした人がいた。



  2010年から2011年で、UbuntuとLinux Mintの逆転が起きており、最新値はぶっちぎりになっている。国内で人気があると思われるCentOSは最新値では八位。年間でも九位で、最新機能が盛りだくさんのディストリビューション達のなかで、若干古い機能を搭載したディストリビューションなのだが安定した人気を保っている。

Linux Mintに力を入れてみようかな?

以上

2011年11月15日

CentOS6 - ブリッジインターフェイスの作成

CentOS6でのブリッジインターフェイス作成を記す。

確認環境
  • CentOS6.0
手順
1. Network Managerの停止
Network Managerが動作しているとブリッジインターフェイスを有効化出来ないので、まずNetwork Managerを無効化する。
(1) 定義および動作状態の確認
[root@localhost ~]# chkconfig --list NetworkManager
NetworkManager  0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
[root@localhost ~]# service NetworkManager status
NetworkManager (pid  1130) を実行中...
[root@localhost ~]#
(2) 停止および無効化
[root@localhost ~]# chkconfig NetworkManager off
[root@localhost ~]# service NetworkManager stop
NetworkManager デーモンを停止中:                           [  OK  ]
[root@localhost ~]#
(3) 定義および動作状態の確認
[root@localhost ~]# chkconfig --list NetworkManager
NetworkManager  0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
[root@localhost ~]# service NetworkManager status
NetworkManager は停止しています
[root@localhost ~]#
2. ブリッジインターフェイスの作成
(1) ブリッジインターフェイスの定義作成
[root@localhost ~]# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br0
DEVICE="br0"
TYPE="Bridge"
BOOTPROTO="dhcp"
ONBOOT="yes"
[root@localhost ~]#
(2) 紐付ける物理インターフェイスを設定
[root@localhost ~]# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE="eth0"
HWADDR="00:0C:29:92:6F:68"
ONBOOT="yes"
BRIDGE="br0"
[root@localhost ~]#
3. ブリッジインターフェイスの動作開始
(1) ネットワークの再起動
[root@localhost ~]# cat log
インターフェース br0 を終了中:                             [  OK  ]
インターフェース eth0 を終了中:                            [  OK  ]
ループバックインターフェースを終了中                       [  OK  ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中                   [  OK  ]
インターフェース eth0 を活性化中:                          [  OK  ]
インターフェース br0 を活性化中:
br0 のIP情報を検出中... 完了。
                                                           [  OK  ]
[root@localhost ~]#
(2) インターフェイス状態の確認
[root@localhost ~]# ifconfig
br0       Link encap:Ethernet  HWaddr 00:0C:29:92:6F:68
          inet addr:192.168.227.128  Bcast:192.168.227.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::20c:29ff:fe92:6f68/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:92 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:102 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:8141 (7.9 KiB)  TX bytes:15381 (15.0 KiB)

eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:0C:29:92:6F:68
          inet6 addr: fe80::20c:29ff:fe92:6f68/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING PROMISC MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:1350 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:1146 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:123122 (120.2 KiB)  TX bytes:140638 (137.3 KiB)

lo        Link encap:Local Loopback
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:8 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:8 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:480 (480.0 b)  TX bytes:480 (480.0 b)

[root@localhost ~]#
以上

2011年11月11日

HDDからのデータ復旧、2010年は5万4400台

面白い記事を見つけたのでメモしておく。 日本データ復旧協会なんてものがあるんだ。





HDDデータ復旧の依頼数と復旧数

年数2009年2010年
復旧依頼数(予想)60,00068,000
復旧数(予想)48,00054,400

以上

2011年11月10日

Fedora 16をインストールする on VMware Player 4.X

Fedora16をVMwarePlayer上にインストールする手順を記す。

環境条件
  • VMWare Player 4.0.0 on Windows 7 SP1
  • Fedora-16-i386-DVD.iso
手順

1. VMの作成

(1) 新しい仮想マシンウィザードを開始し、まず[後でOSをインストール]を選択し、[次へ]をクリック



(2) ゲストOSに[Linux]を、バージョンに[Fedora]を選択し、[次へ]をクリック。



(3) 仮想マシン名に任意の名前をつけ、[次へ]をクリック。



(4) 仮想ディスクを短一ファイルとして格納を選択し、[次へ]をクリック。



(5) 最後に[完了]をクリック。※CDイメージの設定や画面解像度をカスタマイズしたい場合は、[ハードウェアのカスタマイズ]をクリックし、画面なりに設定を行う。


2. OSのインストール

(1) CDからブートすると、直後に下記画面が現れる。そのまま何も入力せず待機。※もしくはENTERキーを押下



(2) 更にENTERキーを押下



(3) [SKIP]を選択し、ENTERキーを押下



(4) [Japanese(日本語)]を選択し、[Next]をクリック



(5) [日本語]を選択し、[Next]をクリック



(6) そのまま[Next]をクリック



(7) 警告が出るが[Yes, discard any data]をクリック



(8) そのまま[Next]をクリック



(9) そのまま[Next]をクリック



(10) rootユーザのパスワード(任意)を設定し、[Next]をクリック



(11) そのまま[Next]をクリック



(12) [変更をディスクに書き込む]をクリック



(13) そのまま[Next]をクリック



(14) [Reboot]をクリック



(15) [進む]をクリック



(16) [進む]をクリック



(17) 任意のユーザを設定し、[進む]をクリック



(18) 任意の設定をし、[進む]をクリック



(19) そのまま[終了]をクリック ※試した環境がProxy下であったため



(20) [いいえ、送信しません]をクリック



(21) 途中、「デフォルト サウンドデバイスを開くことができません」とのエラーが表示される



(22) ログインする。



(23) ログインすると直後に、「GNOME 3を読み込むのに失敗しました」と表示され、通常のGNOME画面が立ち上がる


以上

2011年11月6日

CentOS6 - BUFFALO WLI2-CB-G54Lで無線LAN環境を構築してみる

お題目のとおり、BUFFALO WLI2-CB-G54Lで無線LAN環境を構築してみたので、その際の手順を記す。

確認環境

以下の環境で確認した。
  • 無線LANアダプタ : BUFFALO WLI2-CB-G54L
  • OS : CentOS 6.0
  • Ndiswrapper : 1.57rc1
事前準備

以下を事前に準備しておく。
  • lhaコマンドのインストール
  • コンパイル環境のインストール
  • kernel-develのインストール
  • BUFFALO Wireless LAN Driver Diskの入手 ※http://buffalo.jp/download/driver/lan/wdrv.htmlから入手可能(2011.11.05時点)
手順

1. Ndiswrapperの導入

リポジトリからは提供されていないようなので、コミュニティのソースから直接コンパイルし、必要ディレクトリにファイルをコピーする。具体的には下記にて実施。
# wget http://sourceforge.net/projects/ndiswrapper/files/latest/download?_test=goal
...
# tar zxvf ndiswrapper-1.57rc1.tar.gz
...
# cd 
# make 
...
# make install

2. 無線LANドライバの導入

BUFFALOのホームページから入手したBUFFALO Wireless LAN Driver Disk、具体的にはwdrv-1052.exeから対象ドライバを抜き出して導入する。
# lha -e wdrv-1052.exe
# cd wdrv-1052/2CBG54L/
# ndiswrapper -i NET2G54L.inf
installing net2g54l ...
# ndiswrapper -l
net2g54l : driver installed
        device (17FE:2220) present
# ndiswrapper -m
adding "alias wlan0 ndiswrapper" to /etc/modprobe.d/ndiswrapper.conf ...
# modprobe ndiswrapper
# dmesg
...
ndiswrapper version 1.57rc1 loaded (smp=yes, preempt=no)
ndiswrapper: driver net2g54l (BUFFALO INC.,09/08/2004,2.27.09.2004) loaded
ndiswrapper 0000:06:00.0: enabling device (0000 -> 0003)
ndiswrapper 0000:06:00.0: PCI INT A -> Link[LNK4] -> GSI 11 (level, low) -> IRQ 11
ndiswrapper 0000:06:00.0: setting latency timer to 64
ndiswrapper: using IRQ 11
wlan0: ethernet device 00:0d:0b:79:d0:24 using NDIS driver: net2g54l, version: 0x2001b, NDIS version: 0x501, vendor: 'NDIS Network Adapter', 17FE:2220.5.conf
wlan0: encryption modes supported: WEP; TKIP with WPA, WPA2, WPA2PSK; AES/CCMP with WPA, WPA2, WPA2PSK
usbcore: registered new interface driver ndiswrapper
ADDRCONF(NETDEV_UP): wlan0: link is not ready
ndiswrapper (iw_set_ap_address:568): setting AP mac address failed (C0010015)

3. 無線LAN定義を実施

(1) 定義の作成

以下の定義ファイルを作成する
# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-wlan0
DEVICE=wlan0
BOOTPROTO=dhcp
ONBOOT=yes
MODE="Managed"
ESSID=""
KEY="s:"

(2) 無線LANの起動

# /etc/sysconfig/network-scripts/ifup wlan0
アクティブ接続の状態: アクティベート中
アクティブ接続のパス: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/4
状態: アクティベート済み
接続はアクティベート済み

(3) 起動の確認

# ifconfig wlan0
wlan0     Link encap:Ethernet  HWaddr 00:0D:0B:79:D0:24
          inet addr:192.168.1.129  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::20d:bff:fe79:d024/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:54 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:50 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:4924 (4.8 KiB)  TX bytes:9305 (9.0 KiB)
          Interrupt:11 Memory:5c000000-5c000800

最後にinet addrに接続したいセグメントのIPアドレスが出ていることを確認。

参考


以上

2011年10月31日

Linux Mint 11をインストールする on VMWare Player 4.X

Ubuntu派生のLinuxディストリビューションであるLinux Mint 11のインストール手順を記す。

環境条件
  • VMWare 4.0.0 on Windows XP SP3
  • 媒体にはlinuxmint-11-gnome-dvd-64bit.isoを使用

インストール手順

1. VMの作成

(1) 新しい仮想マシンウィザードを開始し、まず[後でOSをインストール]を選択し、[次へ]をクリック



(2) ゲストOSに[Linux]を、バージョンに[Ubuntu]を選択し、[次へ]をクリック。※[Ubuntu 64 ビット]を選択すべきだったがこれでも上手く言った

(3) 仮想マシン名に任意の名前をつけ、[次へ]をクリック。

(4) 仮想ディスクを短一ファイルとして格納を選択し、[次へ]をクリック。

(5) 最後に[完了]をクリック。※CDイメージの設定や画面解像度をカスタマイズしたい場合は、[ハードウェアのカスタマイズ]をクリックし、画面なりに設定を行う。

2. OSのインストール

(1) CDからブートすると、直後に下記画面が現れる。そのまま何も入力せず待機。

(2) 暫くすると、試用環境が起動するので、[Install Linux Mint]のアイコンをダブルクリック。

(3)  インストール最初の画面が出てくるので、[日本語]を選択し、[進む]をクリック

(4) [進む]をクリック

(5) [進む]をクリック

(6) [進む]をクリック

(7) [進む]をクリック

(8) [進む]をクリック

(9) 任意の[あなたの名前]、[ユーザー名の入力]、[パスワード入力]等を設定し、[進む]をクリック

(10) [今すぐ再起動する]をクリック

(11) 任意のキー入力を実施

(12) 再起動後、下記画面が現れたらインストール完了

以上

ラベル

Android Android-x86 apache Backup Blog CentOS DDNS Debian DIY DTM Eclipse Excel Fedora Firefox Google Chrome Hyper-V java Kreetingkard KVM Linux Linux Mint Linuxコマンド例 Linuxシステム管理 Linux管理 Minecraft Minecraft: Wii U Edition Nintendo 3DS nmap O'REILLY Office KB openssl OpenStack openSUSE openSUSE 12 Parted Magic patch(1) PC DIY PC自作 pgrep(1) PHP Picasa pmap(1) PMMP Postfix postgresql printer ps(1) pukiwiki QEMU RHEL rhel5 rhel6 samba sar(1) savscan(1) savupdate(1) Scientific Linux 6 security SELinux SEO showrgb(1) Slackware Linux SLES smbclient(1) smbstatus(1) snmpd(8) squid startx(1) stat(1) strace(1) SUSE syslogd(8) tac(1) tee(1) testdisk Thunderbird timezone tomcat touch(1) tr(1) trouble shooting tuning ubuntu uname(1) USB tethering USBブート USBメモリ vi(1) vim(1) virtualbox VMWare VMWare Player vmware server VMware Tools VNC Web Services Wii U Windows wordpress x window XAMPP イベント・祭り インターネット おもちゃ屋 カツカレー ギフト クリーニング店 ゲーム ゴミ コンビニ サンプルコード スプラトゥーン2 スポーツ スポット スマホ ソースコード その他 ダーツ ツールTIPS つぶやき ディスク設定 デジタルDIY デジタルガジェット デスクトップ設定 ドラッグストア トラブル トラブルシューティング ニュース ネットワーク設定 バス観光 バックアップ・リストア ビリヤード ブログパーツ プログラミング ブログ作成 ペット用品店 ホームセンター マンションギャラリー メダリーフ リモートアクセス設定 リラクゼーション レジストリ 為替 映画館 英語勉強メモ 横浜市 横浜市交通局 横浜矢向周辺 横濱たちばな亭 屋台 屋内プレイランド 屋内遊園地 温泉 花火 画像 海水浴場 外食 街猫 学校 楽天ウェブサービス 鎌倉 交通 公園 公共施設 国内x86サーバ 災害 雑貨店 参考文献 散髪 使い方 子供教室 死因 寺社 車関連 習い事 住居メンテナンス 出前 情報 食料品店 尻手駅前 新横浜 新横浜駅 新規出店情報 新築 新鶴見公園 新鶴見人道橋 神社 辛スナック 水族館 川崎 川崎駅 川崎駅周辺 川崎市南部市場 川崎大師 卓球 段葛 中古屋 中山ビル 釣り施設 鶴岡八幡宮 鶴見 鶴見神社 電気店 電車 統計 動物園 南武線 日枝神社 買い物 買物 博物館等 八景島シーパラダイス 美容・サロン 百貨店 病院 風呂 複合商業施設 保育園 本屋 漫画 漫画喫茶 矢向 遊園地