2015年10月11日

横一列選択範囲の一番右の値を返す式 - EXCEL

横一列の範囲で一番右の値を返す式を見つけたので記しておく。

適用したい範囲がB1:Z1なら以下のように式を作る。
※元ネタに少しだけ工夫を入れ、エラーとなった場合、値0を返すようしている
=IFERROR(INDEX(B1:Z1,COUNT(B1:Z1)),0)

以下は、B1:Z1の範囲で一番右の値を返す式をA1に入れた実際の画面例。


以上

富士通LIFEBOOKでUSBブートする

富士通LIFEBOOKでBOOTメニュー(*1)からUSBブートしようとしたら、「選択したデバイスから起動できませんでした」と言われる。原因と対処法は下記。 原因 BIOSの「互換性サポートモジュール」の設定が"使用しない"になっているから。 機種はL...