2012年2月4日

Parted Magic - NTFSをリサイズ(縮小)してみる

仮想環境のWindows VISTAのCドライブ(NTFS)をリサイズ(縮小)してみた。

Parted Magic の画面イメージ


確認環境
  • リサイズ対象:Windows VISTA Business on VMware Player 4.x
  • リサイズツール:Parted Magic 2011_12_30
確認手順

(0)リサイズ前のディスクの状態をチェック。今回Cドライブを半分(30Gを15G)にする。


(1) バックアップ

万が一に備え、リサイズを実施する前にバックアップを実施する。

詳細手順はWindowsシステムディスクのバックアップ&リストアを参照のこと。

(2)PartedMagicをCDorUSBブートし、デフォルト設定で起動。


(3)起動後、「Partition Editor」をクリック。


(4) リサイズ(縮小)したいパーティション(下記例は/dev/sda2 : 2番目のパーティション)を選択し、「Resize/Move」をクリック。


(5) マウスをドラッグ、もしくは、テキストボックスの数値を修正し、リサイズ後の状態を指定。


(6)リサイズ(縮小)を指定後、「Resize/Move」をクリック。


(7)「Apply」をクリック。※警告ダイアログが出るので、同じく「Apply」をクリック。


(8) リサイズ中の画面


(9)「Close」をクリック。


(10)リサイズ完了


(11)「Logout」をクリックし、「Reboot the computer」を選択し、「OK」をクリック。


(12)VISTAが起動すると、まず、チェックディスクが走るので、そのまま待機。


(13)無事にリサイズ(縮小)が完了。


以上


0 件のコメント:

コメントを投稿