2011年8月10日

温度による自動shutdown機能の停止

前の記事「CentOSが勝手に停止」の解決策として、温度監視によるシャットダウン機能の停止を試みたの記す。



手順

機能が動作中であることを確認

# cat /proc/acpi/thermal_zone/THRM/trip_points
critical (S5):           100 C
passive:                 85 C: tc1=4 tc2=3 tsp=100 devices=CPU0
active[0]:               60 C: devices= FAN

ブートパラメータに以下を追加(/boot/grub/menu.lstを編集)し再起動

thermal.nocrt=1

機能の停止を確認

# cat /proc/acpi/thermal_zone/THRM/trip_points
critical (S5):           100 C <disabled>
passive:                 85 C: tc1=4 tc2=3 tsp=100 devices=CPU0
active[0]:               60 C: devices= FAN

<disabled>と表示されおり、成功。

以上

0 件のコメント:

コメントを投稿