2010年11月23日

syslogd(8) の使用例

syslogd(8) - 使い方


syslogd(8)の使い方の例を示す。

概要

システムで発生したメッセージを仕訳・記録する常駐サービス。

使い方

Solarisシステムの様にメッセージのファシリティとプライオリティを表示したい場合

(1) /etc/sysconfig/syslogのSYSLOGD_OPTIONSに-SSを追加

SYSLOGD_OPTIONS="-m 0" → SYSLOGD_OPTIONS="-SS -m 0" 

(2) 再起動

# service syslog restart
カーネルロガーを停止中:                                    [  OK  ]
システムロガーを停止中:                                    [  OK  ]
システムロガーを起動中:                                    [  OK  ]
カーネルロガーを起動中:                                    [  OK  ] 
#

(3)メッセージを確認

(-SS追加後) 
Nov 22 10:21:08 <syslog.info> localhost syslogd 1.4.1: restart.
(追加前) 
Nov 21 04:02:03 localhost syslogd 1.4.1: restart.

※CentOS5.5 / sysklogd-1.4.1-46.el5 で確認

notice未満のメッセージを抑制

(1)/etc/syslog.confを編集

*.info;mail.none;authpriv.none;cron.none                /var/log/messages
   ↓
*.notice;mail.none;authpriv.none;cron.none                /var/log/messages

(2)再起動

# service syslog restart
カーネルロガーを停止中:                                    [  OK  ]
システムロガーを停止中:                                    [  OK  ]
システムロガーを起動中:                                    [  OK  ]
カーネルロガーを起動中:                                    [  OK  ]
#

(3)メッセージを確認

以下が出なくなった。

Nov 22 10:36:25 localhost snmpd[3027]: Connection from UDP: [127.0.0.1]:38978 
 
Nov 22 10:36:25 localhost snmpd[3027]: Received SNMP packet(s) from UDP: [127.0.0.1]:38978

※CentOS5.5 / sysklogd-1.4.1-46.el5 で確認  
※snmpdの上記メッセージをピンポイントで抑止する方法はこちら

仕様

ファシリティの一覧

  • kern
  • user
  • mail
  • daemon
  • auth
  • syslog
  • lpr
  • news
  • uucp
  • cron
  • authpriv
  • ftp
  • local0
  • local1
  • local2
  • local3
  • local4
  • local5
  • local6
  • local7

プライオリティの一覧(重要度順)

  • emerg
  • alert
  • crit
  • err
  • warning
  • notice
  • info
  • debug

以上

0 件のコメント:

コメントを投稿