2018年7月16日

[openSUSE] openSUSE Leap 15をVMware Workstation 14上にインストールしてみる

openSUSE Leap 15をVMware Workstation 14 Player上にインストールしてみたので、その際のインストール手順を記す。

環境

  • ホスト環境
    • Windows 10 Home 64bit
    • VMware Workstation 14.1.1
  • ゲスト環境
    • openSUSE-Leap-15.0-DVD-x86_64

手順

(1) [新規仮想マシンの作成]をクリック


(2) [後でOSをインストール]を選択し、[次へ]をクリック

(3) ゲストOSに[Linux]、バージョンに[SUSE Linux Enterprise Server 12 64ビット]を選択し、[次へ]をクリック


(4) 任意の[仮想マシンの名前]と[場所]を入力し、[次へ]をクリック


(5) 任意の[ディスク最大サイズ]を設定し、[仮想ディスクを単一ファイルとして格納]を選択し、[次へ]をクリック

(6) [ハードウェアをカスタマイズ]をクリック

(7) ISOイメージほか任意の設定を加え、[閉じる]をクリック


(8) [完了]をクリック

(10) [仮想マシンの再生]をクリック

(11) [Installation]を選択

(12) [言語]を"Japanese - 日本語"に変更し、[次へ]をクリック

(13) [GNOMEを利用するデスクトップ]を選択し、[次へ]をクリック

(14) [次へ]をクリック

(15) [次へ]をクリック

(16) 任意にユーザ名・パスワードを設定し、[次へ]をクリック ※例では[自動ログイン]を外した

(17) [インストールする]をクリック

(18) [インストールする]をクリック

(19) インストールが終わると、自動で再起動し、以下のログイン画面になるので、ログインする

(20) ログイン後画面

富士通LIFEBOOKでUSBブートする

富士通LIFEBOOKでBOOTメニュー(*1)からUSBブートしようとしたら、「選択したデバイスから起動できませんでした」と言われる。原因と対処法は下記。 原因 BIOSの「互換性サポートモジュール」の設定が"使用しない"になっているから。 機種はL...