2015年11月8日

hdparm(8)の使い方

ハードディスクのパラメータを設定・取得する

使い方

HDDのベンチマークをする

# hdparm -Tt /dev/sda

/dev/sda:
 Timing cached reads:   2158 MB in  2.00 seconds = 1079.93 MB/sec
 Timing buffered disk reads: 380 MB in  3.01 seconds = 126.05 MB/sec
#

ハードディスクの設定状態を見る

# hdparm -i /dev/sda

/dev/sda:

 Model=TOSHIBA DT01ACA100, FwRev=MS2OA750, SerialNo=Z3MVNN3NS
 Config={ HardSect NotMFM HdSw>15uSec Fixed DTR>10Mbs }
 RawCHS=16383/16/63, TrkSize=0, SectSize=0, ECCbytes=56
 BuffType=DualPortCache, BuffSize=23652kB, MaxMultSect=16, MultSect=16
 CurCHS=16383/16/63, CurSects=16514064, LBA=yes, LBAsects=1953525168
 IORDY=on/off, tPIO={min:120,w/IORDY:120}, tDMA={min:120,rec:120}
 PIO modes:  pio0 pio1 pio2 pio3 pio4 
 DMA modes:  mdma0 mdma1 mdma2 
 UDMA modes: udma0 udma1 udma2 udma3 udma4 udma5 *udma6 
 AdvancedPM=yes: disabled (255) WriteCache=enabled
 Drive conforms to: unknown:  ATA/ATAPI-2,3,4,5,6,7

 * signifies the current active mode

# hdparm -v /dev/sda

/dev/sda:
 multcount     = 16 (on)
 IO_support    =  0 (default) 
 readonly      =  0 (off)
 readahead     = 256 (on)
 geometry      = 121601/255/63, sectors = 1953525168, start = 0
# 
* -vオプションで表示されるmultcountは一度に読み出すセクタ数を示す。-iオプションで表示されるMaxMultSectと同じ値になってればとりあえずOK
* -vオプションで表示されるreadaheadはファイルシステムの先読みセクタ数。

富士通LIFEBOOKでUSBブートする

富士通LIFEBOOKでBOOTメニュー(*1)からUSBブートしようとしたら、「選択したデバイスから起動できませんでした」と言われる。原因と対処法は下記。 原因 BIOSの「互換性サポートモジュール」の設定が"使用しない"になっているから。 機種はL...