2015年5月31日

Fedora Server 22をインストールしてみる on VMware Player

Fedora Server 22をインストールしてみた。
イントール直後のサーバらしい硬派なログイン画面

条件

  • ホスト
    • core i5使用のノートPC
    • Windows 7 64ビット版
    • VMware Palyer 7.1
  • ゲスト
    • Fedora-Server-DVD-x86_64-22.iso

手順


(1) [新規仮想マシンの作成]をクリック



(2) "後でOSをインストール"をクリック



(3) ゲストOSに"Linux"、バージョンに"Fedora 64ビット"を選択し、[次へ]をクリック



(4) 任意の仮想マシン名と場所を指定し、[次へ]をクリック



(5) "仮想ディスクを単一ファイルとして格納"を選択し、[次へ]をクリック



(6) [ハードウェアをカスタマイズ]をクリック



(7) [プロセッサ]をクリック



(8) "Intel VT-x/EPTまたはAMD-V/RVIを仮想化"にチェックを入れ、[新規 CD/DVD(IDE)]をクリック



(9) "ISOイメージファイルを使用する"に切り替え、ISOイメージを指定し、[閉じる]をクリック



(10) [完了]をクリック



(11) [仮想マシンの再生]をクリック



(12)  [Install Fedora 22]を選択し、ENTERキーを押下



(13) [インストール先]をクリック



(14) [完了]をクリック



(15) [インストールの開始]をクリック



(16) [ROOTパスワード]をクリック



(17) 任意のrootパスワードを設定し、[完了]をクリック



(18) [ユーザーの作成]をクリック



(19) 任意のユーザ名とパスワードを設定し、[完了]をクリック



(20) 暫く待つ



(21) [再起動]をクリック



(22) CUIのログイン画面が出てくる



以上

富士通LIFEBOOKでUSBブートする

富士通LIFEBOOKでBOOTメニュー(*1)からUSBブートしようとしたら、「選択したデバイスから起動できませんでした」と言われる。原因と対処法は下記。 原因 BIOSの「互換性サポートモジュール」の設定が"使用しない"になっているから。 機種はL...