2009年2月20日

TrustedInstaller.exeの悪さ

去年の10月頃から、Vistaを使いはじめてるいるが、困ったことに”画面が時々固まる。マウスも反応しない。暫くすると復旧する。”という現象に度々あうことがある。TrustedInstaller.exeという輩がCPUを100%近く使っているのが分かったので、その対処方法をを示す。

タスクマネージャを立ち上げて、「すべてのユーザプロセスを表示(S)」とすると、どうもTrustedInstaller.exeという輩がCPUを100%近く使っているのが分かった。TrustedInstaller.exeの「優先度の設定(P)」を「通常以下(B)」に設定すると、100%のままだが、画面が固まることはなくなる。問題は解決するが、これでは非常に面倒だ。
因みに、TrustedInstaller.exeは、"Windows Modules Installerサービス"の実体。止めないほうがよいものの様子。
追伸
「オートギア」というフリーソフトで自動で優先度を変えられました。記事はこちら
追伸 2009.10.20
Vista SP1では、タスクマネージャの「すべてのユーザプロセスを表示(S)」を押すと、タスクマネージャがそのまま終了してしまうことがある様子。

0 件のコメント:

コメントを投稿