2016年11月20日

SUSE Linux Enterprise Server 12をインストールする on VMware Workstation Player 12

SUSE Linux Enterprise Server 12をインストールしてみた。その際の手順を記す。

環境


  • SP2
    • ホスト環境
      • Windows 8.1
      • VMware Workstation Player 12
    • ゲスト環境
      • SLE-12-SP2-Server-DVD-x86_64-GM-DVD1.iso


手順

(1) [新規仮想マシンの作成]をクリック


(2) [後でOSをインストール]を選択し、[次へ]をクリック



(3) ゲストOSに[Linux]、バージョンに[SUSE Linux 64ビット]を選択し、[次へ]をクリック


(4) 仮想マシン名と場所を任意に設定し、[次へ]をクリック


(5) [仮想ディスクを単一ファイルとして格納]を選択し、[次へ]をクリック


(6) [ハードウェアをカスタマイズ]をクリック


(7)  メモリを[2GB]を選択し、[プロセッサ]をクリック


(8)プロセッサのコア数を[2]以上にし、 [Intel VT-x/EPTまたはAMD-V/RVIを仮想化]を選択し、[新規CD/DVD...]をクリック


(9) DVDを指定し、[閉じる]をクリック ※例はISOイメージを指定


(10) [完了]をクリック



(11) [仮想マシンの再生]をクリック



(12) [Installation]を選択し、ENTERキーを押下


(13)  言語に[Japanese - 日本語]を選択し、[はい、ライセンスに同意します]をチェックし、[次へ]をクリック


(14) [登録をスキップする]を選択し、[次へ]をクリック


(15)  [OK]をクリック


(16) [次へ]をクリック


(17) [次へ]をクリック


(18) [次へ]をクリック


(19) [次へ]をクリック


(20) 任意のユーザを設定し、[次へ]をクリック


(21)  [ソフトウェア]をクリック


(22)  [KVM仮想化ホストとツール]を選択し、[OK]をクリック


(23)  [インストールする]をクリック


(24) 再度[インストールする]をクリック


(25) インストールが完了すると自動的に再起動されログイン画面になるので、[owner(任意に設定したユーザ名)]をクリック


(27) パスワードを入力


(28) ログイン後の初期画面



以上

0 件のコメント:

コメントを投稿