2013年4月7日

WindowsはUSBメモリの1パーティション目しか操作できない

Linuxを入れてUSBメモリブートに使っていた8GiBのUSBメモリを、Windowsで再利用したくなったが、何故か500MBしかファーマット時に指定できない。という事態が発生したが、一応解決できたので、以下にその道すがらを記す。
8GiBのUSBメモリなのに500MBしか選択できない図


1. 状況確認


「ディスクの管理」でとりあえず確認。

パーティションが2つに分かれていて、1つ目のパーティションサイズが500MBとなっている。


2つ目のパーティションを選択し、[ボリュームの削除]をクリックし、道なりに手順をすすめる。

 ↓

「リムーバブル メディアでは、この操作はサポートされていません。」と出る。

2. パーティションの削除

VMware上でGParted Liveを起動。※詳細は割愛

起動途中
2番目のパーティションをDelete
 ↓
1番目のパーティションをDelete
 ↓
最後にApplyをクリックし完了

3. 再度フォーマット


無事に約8GiBのフォーマットが可能に。


以上

富士通LIFEBOOKでUSBブートする

富士通LIFEBOOKでBOOTメニュー(*1)からUSBブートしようとしたら、「選択したデバイスから起動できませんでした」と言われる。原因と対処法は下記。 原因 BIOSの「互換性サポートモジュール」の設定が"使用しない"になっているから。 機種はL...