2011年9月30日

CentOS6 - ftpのascii転送で余計なCRコードが付与されてしまう

CentOS6をftpサーバにし、テキストファイルをascii転送でputすると、余計なCRコードが付与される。もしくはCRコードが除去されない。原因及び対処を記す。

事象


転送モード:ascii

(実際)
Client(CentOS6) ---> Sercer(CentOS6)
LF              ---> LFCR

Client(Windows) ---> Sercer(CentOS6)
CRLF            ---> CRLF

(期待)
Client(CentOS6) ---> Sercer(CentOS6)
LF              ---> LF

Client(Windows) ---> Sercer(CentOS6)
CRLF            ---> LF

原因

ftpサーバ"vsftpd"のデフォルト設定では、ascii転送モードが有効になっていないため。

対処

/etc/vsftpd/vsftpd.confを編集

(編集前)

# ascii_upload_enable=YES
# ascii_download_enable=YES 


(編集後)

ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES 

vsftpdを再起動

[root@localhost ~]# service vsftpd stop
[root@localhost ~]# service vsftpd start 

以上

0 件のコメント:

コメントを投稿