2011年3月23日

CentOS/RHELのIPv6の無効化

使わないIPv6を完全にoffにする方法を記す。
条件
  • CentOS 5.5

手順
  • /etc/sysconfig/network に NETWORKING_IPV6=no の設定を追加
  • /etc/modprobe.conf に以下の設定を追加(5.5の場合)
    options ipv6 disable=1
  • chkconfig ip6tables off を実施
  • OSを再起動

IPv6が有効化なのか無効なのかは、ifconfigコマンドを実行し、以下行があればIPv6有効と判定
inet6 addr: ….....

参考

[1] http://www.revulo.com/blog/20080514.html
[2] http://www.asahi-net.or.jp/~aa4t-nngk/miscenvfit.html#disableipv6
[3] https://access.redhat.com/kb/docs/DOC-8711 (要RHN-ID)

以上

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿