2015年7月25日

OSアップデートパッチの自動適用設定 - CentOS(yum)編

CentOSのアップデートパッチを自動適用設定する手順を記す。

CentOS7

(1) yum-cronをインストールする
# yum -y install yum-cron

(2) /etc/yum/yum-cron.confを修正する
apply_updates = no
↓
apply_updates = yes

emit_via = stdio
↓
emit_via = email

(3) yum-cronを起動する
# systemctl start yum-cron
# systemctl status yum-cron

CentOS5

(1) yum-updatesdをインストールする
# yum -y install yum-updatesd
 
(2) /etc/yum/yum-updatesd.conf を編集する
以下をコメントアウト
#emit_via = dbus
#dbus_listener = yes

以下を追加
emit_via = email
email_to = root
email_from = myserver
smtp_server = localhost:25

以下を変更
do_update = no
do_download = no
do_download_deps = no
↓
do_update = yes
do_download = yes
do_download_deps = yes

(3) yum-updatesdサービスを再起動
# service yum-updatesd restart

参考
- yum-updatesdで yum の更新をメールで通知する
- うみうし.dip.jp » CentOS5.2+yum-updatesdで自動更新
以上

富士通LIFEBOOKでUSBブートする

富士通LIFEBOOKでBOOTメニュー(*1)からUSBブートしようとしたら、「選択したデバイスから起動できませんでした」と言われる。原因と対処法は下記。 原因 BIOSの「互換性サポートモジュール」の設定が"使用しない"になっているから。 機種はL...